バックナンバーへ
戻る
見立 通俗三国志
応好国輝画 明治2年
味の素食の文化センター所蔵
幕末から明治にかけて活躍した3人の力士を三国志の英雄に見立てたもので、左から高見山大五郎、
象ケ鼻平助、相生松五郎とあり、それぞれ張飛、劉邦、関羽に見立てています。
 日本の相撲(すもう)は、農業生産の吉凶を占う神事として、古代からあったといいます。平安時代には相撲節会(せちえ)として宮廷でも行われ、室町時代には職業的な相撲集団ができて、諸国を巡業しました。
 江戸時代になると全国各地で相撲が盛んになり、元禄時代(1688−1704)には土俵や番付などの制度も整い、天明・寛政年間(1781−1801)には、江戸を中心に庶民の娯楽として最盛期を迎えました。
 
 歌舞伎や人形浄瑠璃にも、相撲物とよばれる力士を題材とした狂言ができ、よく知られている「双蝶々曲輪日記(ふたつちょうちょうくるわにっき)」もその一つです。『歌舞伎事典』を見ると、相撲物としてこのほか10狂言もあげられており、当時の相撲の人気が想像されます。
 上の錦絵では、中央の力士の前に料理をのせた膳が置かれています。大鉢の中の料理は何かよくわかりませんが、中央の皿には鯛の焼物があります。鯛の頭は力士の右手にあって、現在の魚の頭は左手に置く常識とは反対です。現在のような魚の置き方は、いつごろからのものなのか、“江戸の美味探訪”からは外れますが調べてみました。
 秘伝伝受の日付が寛永19年(1642)とある四条流の秘伝書『料理切形秘伝抄』には、「魚を板に据(すえ)て人の前に出すには、海魚は腹を人の方へなし、川魚は背(せな)を人の方へむけて出す物也。同かしらの向(むけ)やうは人の左の方へむけべし。ちいさき魚はかしらを人の方へむくるものなり」とあります。
 江戸時代にも、魚の頭は左に置くしきたりはあり、聞くところによると、絵師はしきたりよりも、描きやすさを優先したといいます。
 監修・著 松下幸子千葉大学名誉教授
>>松下教授プロフィール
掲載情報の著作権は歌舞伎座に帰属しますので、無断転用を禁止します。
Copyright(C) 2003 松下幸子・歌舞伎座事業株式会社